【基金NO.8001】【事業名】ファミサポ利用支援子育て基金

生活困窮家庭のファミサポ利用を支援する子育て基金をつくりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 基金NO.8001  生活困窮家庭への  ファミサポ利用支援子育て基金  

     ファミサポ利用支援子育て基金

  2015年4月に徳島県下全域にファミリー・サポート・センターが設置されました。

ファミリー・サポート・センター事業(通称:ファミサポ)は、小学生6年生までのお子さんをお持ちの保護者の方と、そのお手伝いをしたい人が会員登録をし、会員同士で支えあう公的な仕組みです。今、子育ては孤立化、孤独化が進み、虐待なども大きな問題となっています。そのような時、その家庭に密接にかかわることになるファミサポは、ややもすると見過ごされてしまいそうな家庭の問題や虐待の目に気づき、支援につながる可能性が多々あります。しかし、ファミサポを利用するには1時間700円(平日)のサポート料金がかかります。1時間700円は、子どもの命を預かる金額としては決して高い金額ではありませんがファミサポを利用したくても経済的に利用できない家庭があるのも事実です。そこで、ファミサポを利用したくても経済的に難しい家庭に、「ファミサポ利用子育て基金」を通して、1人目は1時間500円、2人目以降は全額を年間30時間分補助します。

子どもたちの幸せで健やかな育ちのために、多くの方々のご支援をお待ちしております。

 

寄付募集等について

寄付募集目標額:100万円

2024年02月24日現在までの寄付総額:584,238円 の寄付が寄せられています。

2024年02月24日現在までの助成総額:19,500円 の助成をしております。

実施団体

ハートフルゆめ基金とくしま

基金利用対象者

生活困窮家庭への”ファミサポ利用支援子育て基金”は、徳島県内にある「ファミリー・サポート・センター(以下「ファミサポ」という。)」の依頼会員で、ファミサポを利用したくとも利用できない会員に基金が援助を行うものです。対象となる人は、

  1. 徳島県内のファミサポの依頼会員であり、基金申し込みを行う方法以外に、ファミサポの相互援助活動の支援が得られない家庭の人で、他に申請人の家庭を支援できる、「家族・親戚・友人・知人等」がいない方となります。
  2. 支援金は1時間500円で、一人年間30時間が限度です。
  3. 依頼会員が提供会員に支払う費用は、相互援助活動費用の1時間当たり金額より500円を差し引いた額で、残額は直接基金より提供会員に振込まれます。
寄付する 助成金申請書のダウンロード