とくしまをなんとかしたい!  「ほっとけん ! 事業支援プログラム」

私たちは、ひとり一人の市民が必要な存在としての認識を持つことができ、社会にきちんと参画し関わり合える地域社会づくりを
目指しています。特に、人口減少や高齢化などの社会構造の急激な変化によっておこる多種多様な課題に対して、知恵と行動を結集し、
果敢に挑む市民社会の形成に全力を尽くしたいと考えています。
そういった社会の実現に向けて、私たちは「とくしまをなんとかしたい!   ほっとけん!」をテーマに不断の努力と挑戦を続けて参ります。

最新の事業支援プログラム先情報

募集期間:2017年09月30日迄

木育は赤ちゃんから始める環境教育 県産材のおもちゃで地域を愛する心を育てたい プロジェクト

【基金NO.1012】
木育は赤ちゃんから始める環境教育 県産材のおもちゃで地域を愛する心を育てたい プロジェクト

(特定非営利活動法人子育て支援ネットワークとくしま)

募集期間:2017年09月30日迄

発達障がいのある方が輝ける未来の自分づくりをするために プロジェクト

【基金NO.1011】
発達障がいのある方が輝ける未来の自分づくりをするために プロジェクト

(特定非営利活動法人オーティの会)

寄付募集終了いたしました

移動が困難な人が分身ロボット「Orihime(おりひめ)」によって幸せの幅を広げられる支援プロジェクト

【基金NO.1010】
移動が困難な人が分身ロボット「Orihime(おりひめ)」によって幸せの幅を広げられる支援プロジェクト

(とくしま福祉機器展実行委員会)

寄付募集終了いたしました

”ひとり暮らしをひとりぼっちにさせない”を支援するプロジェクト

【基金NO.1008】
”ひとり暮らしをひとりぼっちにさせない”を支援するプロジェクト

(特定非営利活動法人壮生)

寄付募集終了いたしました

“傷ついた女性と子どもの心のケアを支援する”プロジェクト

【基金NO.1007】
"傷ついた女性と子どもの心のケアを支援する"プロジェクト

(女性グループ・すいーぷ)

寄付募集終了いたしました

日中親善のための懸賞論文優秀者招聘 プロジェクト

【基金NO.1006】
日中親善のための懸賞論文優秀者招聘 プロジェクト

(徳島日中青年交流協会)

寄付募集終了いたしました

” いのちを包む ” 赤ちゃんとのふれあい体験 プロジェクト

【基金NO.1005】
" いのちを包む " 赤ちゃんとのふれあい体験 プロジェクト

(特定非営利活動法人 こどもねっといしい)

寄付募集終了いたしました

障がいのある人が自らの可能性に挑戦し、芸術文化の発表を行い自己実現と、地域での交流を活発に行う  プロジェクト

【基金NO.1004 】
障がいのある人が自らの可能性に挑戦し芸術文化発表を行い自己実現と地域交流を活発に行う プロジェクト

(特定非営利活動法人 Creer)

寄付募集終了いたしました

DV(暴力)被害者のいのちを守る プロジェクト

【基金NO.1001】
DV(暴力)被害者のいのちを守る プロジェクト

(ストップDV・サポートの会)

これまでの寄付先情報を見る

冠基金が4つになりました。

【8000】 非営利・社会貢献型の団体が行う事業への寄付を募り助成するハートフルゆめ基金とくしまの活動に賛同し育成するため「ハートフルゆめ基金とくしまを育成する基金」として年間50万円を目標に育成基金への寄付を募ります。

【8001】 子育て中の生活困窮家庭の方々が困った時に、ファミサポが利用できるように、「生活困窮家庭への”ファミサポ利用支援子育て基金”」を創設しました。年間100万円を目標に支援基金への寄付を募ります。

【8002】 ニートや引きこもりで就職したくとも就職できない、また一般就労にはなじまないと言われる若者たちがたくさんいると言われています。そんな若者たちに中間的就労の場を設け、支援を進める団体が就労者に対し支援金を出せるように、「働きたいを応援する”中間的就労者支援基金”」として年間50万円を目標に支援基金への寄付を募ります。

【8003】 社会的支援を必要とする人たちに対して、品質に問題が無いにも関わらず廃棄されている食品を譲り受け、無料でお届けする事業を行い、地域で支え合う社会の実現をめざしている、そんな活動を進めるフードバンクを支援するための基金です。「フードバンク・子ども食堂育成支援基金」として年間100万円を目標に育成基金への寄付を募ります。

   この4つの冠基金に皆様からのご支援をお願いします。

最新の寄付先情報

これまでの冠基金情報を見る

寄付について

コミュニティ広場

「とくしまをなんとかしたい!ほっとけん !」人たちの交流の場です。「ハートフルゆめ基金とくしま」に対する想いやアイデアなど、皆さんのお声をお聞かせ下さい。